下半身太りとは

下半身太りに悩む女性は多いのではないでしょうか。下半身ダイエットをしても下半身はどうしても脂肪が落ちない、足が細くならないと悩む女性も少なくありません。実は下半身太りには冷えが大きく影響しており、太ももが太い人に共通する特徴の一つが冷えなのです。では冷えと下半身太りにはどの様な関係があるのでしょうか。

太もも冷えと下半身太りには密接な関係があり、冷えている人は太ももが太りやすく痩せにくいというのは事実で、下半身が冷えることによって代謝が悪くなるので老廃物や水分、脂肪が太ももに蓄積しやすくなってしまいます。冷え性になると足を細くすることが出来なくなってしまう可能性が高いのです。

これはなぜかと言うと、例えば脂肪をバターに置き換えて考えてみましょう。冷蔵庫でバターを冷やすと油なので固くなってしまいます。つまり脂肪も冷えることで固いままその場に留まってしまい、更に老廃物などの排出が滞ることで冷えてしまった脂肪と老廃物が下半身をより太くしてしまうのです。こうなると更に冷えてしまうので最悪な状態の悪循環となってしまいます。そしてこの悪循環の中でセルライトが生まれ、一度ついたセルライトはなかなか取れないので下半身だけが痩せないという状態になってしまいます。

一般的に下半身太りに悩むのは女性が多く、実は冷え性も女性の方が圧倒的に多いのです。そこで冷える仕組み原因を知って冷えを解消し、痩せやすい下半身を目指しましょう。